Giovanni Allevi

『CLASSICO RIBELLE』

伝統がしかける確実性という罠に抗いつつ真実と美を探し求める。

過去の偉人たちの象徴的父親殺しを犯している。それはプラトン、フィボナッチあるいはラフマニノフか。そして自分の時代の唯一性を断言する。

新ルネサンスにはこういう言葉がある:毎日徹底的にやる。

日常生活で一見ふつうに見えることでも、その裏にはリズム、楽しさ、不穏、怒り、甘美に満ちた僕たちの時代が隠れています。なかなか感じられるものではない。なぜなら、僕たちは、現在を恐れて伝統に逃げ、過去に生きようとし未来への大志を潰してしまう世の中に生きているから。しかし、新ルネサンスは可能だ、というより「異邦人」あるいは夢想家集団というべきかのおかげで間近に迫っています。彼らは、先入観や承認を拒み、自分たちのあこがれを信じ、新しい目で世界を見ることができます。「成功」は形式でもなければ数字でもないから。満ち満ちた状態で人生に身を投じ、先祖から受け継いだ力に圧倒されるがままにパニックや不安、エロスに身を任せ、理性という隘路(あいろ)を乗り越えて、ようやく現実という魔力に出会うのです。

この本は、ジョヴァンニ・アレヴィの情熱的で奥深い思索が綴られています。それは、彼のテクニックとインスピレーションの関係や現代クラシック音楽の定義付け;現代社会の表現方法を構築しようとする取り組み;自身の存続を望むアカデミーとの、実りの多い、かつ周囲の時間の流れを一向に気にしない激しいぶつかり合いです。ミュージシャンであり作曲家であるがゆえに、対話や克服が連続する日常では、その日その日シンプルを手に入れることは勝利なのです。そんな彼の経験や省察から出てきたのは、献身の哲学と、個人の無類の豊かさに立脚した倫理学です。『Classico Ribelle』の持つ意味は、学んだ教訓を共有すること、未だ発表されていない「実存的調和の方法」、二次的な幸福に関する一種の手引書であり、その中で、誰もが自らを認め自己の唯一性の意味を見つけ出すことができます。

「存在のひだの間に隠れるあの閃きの詩を探し求めて」毎日を始めるために。