Giovanni Allevi

Allevi&All Stars Orchestra~アレーナ・ディ・ヴェローナ

  • Whisper

    1
  • Keep Moving

    2
  • A perfect day

    3
  • Corale

    4
  • Angelo Ribelle

    5
  • Back To Life

    6
  • Downtown

    7
  • L'orologio degli Dei

    8
  • Jazzmatic

    9
  • Go with the flow

    10
  • Aria

    11
  • Foglie di Beslan

    12
  • Come sei veramente

    13
  • Prendimi

    14
  • 300 anelli

    15

Allevi&All Stars Orchestra–アレーナ・ディ・ヴェローナ」、200991日にヴェローナ野外劇場で行われた、忘れられない一夜、そして音楽と感動の物語。作曲家ジョヴァンニ・アレヴィが、彼とオールスター・オーケストラの周りに1万人以上の観客を集め、作曲家、ピアニストでありオーケストラの指揮者でもあるアレヴィのアーチストとしての多彩な面をフルに見せたコンサートです。

ジョヴァンニ・アレヴィが語る「Allevi&All Stars Orchestra

「夢だけが真実。感情の高ぶりや生意気さ、焼けるような情熱だけが結果を生み、傷跡を残す。これは、途方もなく大掛かりな物語だ!世界の一流オーケストラの面々が一大オーケストラとなり、自分たちの時代の音楽の鼓動をともに演奏する。ロンドン、東京、テルアビブ、サンクトペテルブルク、ミュンヘン、ブエノス・アイレス、ニューヨーク。一夜限りの公演で、現代クラシック音楽の心はヴェローナ野外劇場に会した。本当に最高だった!」

後にも先にもこの時だけ。アレーナ・ディ・ヴェローナ(野外劇場)にかの著名なステージに世界各国の一流オーケストラのミュージシャン87名を招いて行われました。オーケストラは以下のとおり:ロンドン シンフォニー オーケストラ、モスクワ ロシア・フィルハーモニー管弦楽団、東京紀尾井ホール、ミュンヘン バイエルン放送交響楽団、テルアビブ ハイファ交響楽団、ニューヨーク ジュリアード音楽院、ソウルPrime Philharmonic Orchestra、ブエノス・アイレス・テアトロ・コロン管弦楽団。

国際的な一流オーケストラやイタリアのミュージシャンとステージを共にする。イタリアからは「I Virtuosi Italiani」とアレーナ・ディ・ヴェローナ・オーケストラが参加。

 

Video

<div><p><img src=”https://www.giovanniallevi.com/wp-content/themes/chords/images/social-media/youtube-24×24.png” width=”24″ height=”24″ alt=””>YouTube-Video: <a href=”https://www.youtube.com/watch?v=XGr9XW7usdc”>https://www.youtube.com/watch?v=XGr9XW7usdc</a></p><iframe src=”https://www.youtube-nocookie.com/embed/XGr9XW7usdc” width=”px” height=”px” frameborder=”0″ scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″></iframe></div>

<div><p><img src=”https://www.giovanniallevi.com/wp-content/themes/chords/images/social-media/youtube-24×24.png” width=”24″ height=”24″ alt=””>YouTube-Video: <a href=”https://www.youtube.com/watch?v=Yp7e4x4dQCI”>https://www.youtube.com/watch?v=Yp7e4x4dQCI</a></p><iframe src=”https://www.youtube-nocookie.com/embed/Yp7e4x4dQCI” width=”px” height=”px” frameborder=”0″ scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″></iframe></div>